JA秋田しんせい 秋田しんせい農業協同組合
サイトマップ
プライバシーポリシー
サイトポリシー
トップページ >  事業案内 >  営農情報 >  土づくり実証米 >  安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み


トレーサビリティの確立

 当JAでは、米生産販売農家全員を対象として、農作業記録簿の記帳に取り組んでいます。記録簿には品種別に各作業を実施した日、使用した肥料・農薬名と使用量を記入し、米出荷時にJAへ提出してもらうことで、安全・安心なお米を全国の消費地へお届けしています。

<肥料・農薬の適正使用と安全・安心を証明し、全国の消費地に信頼される米づくりを行っています>



トレーサビリティ(traceability):物品の流通経路を生産段階から最終消費段階または、廃棄段階まで追跡が可能な状態のこと。日本語では追跡可能性とも言われています。

コンタミ(異品種混入)の徹底防止・GAP(作業工程管理)

 消費地に信頼される米づくりを行うために、生産段階で異品種・異物の混入を防ぎます。「コンタミチェックシート」を米生産農家全員に記入してもらい、異品種混入を予防します。
また、GAPとは農作業のやり方が適切であるかどうか自らチェックを行うもので、リスクの未然防止のための取り組みです。

Share on Facebook