JA秋田しんせい 秋田しんせい農業協同組合
サイトマップ
プライバシーポリシー
サイトポリシー
トップページ >  事業案内 >  営農情報 >  秋田鳥海りんどう

秋田鳥海りんどう

 

 

 

「秋田鳥海りんどう」の歩み


定植講習会等を開催して栽培技術を高める



平成17年、転作田の有効利用と農家所得の向上を目指して、由利本荘市鳥海を中心に「秋田鳥海りんどう」の栽培がスタートしました。栽培農家18戸、栽培面積約2.5haで栽培を開始した初年度は株を養成するため、収穫はありません。

2年目の平成18年7月に待望のデビュー。 初出荷ながら出荷本数、販売額ともに予定していた計画値以上となり、県内トップの産地となりました。

また、平成27年には販売額2億円を突破しています。

 

 

 

 

 JAを代表する花きブランド 秋田鳥海りんどうの特徴とは?


8月に入ると1日に約1,000ケース(1ケース約50~100本)のペースで出荷しています



 「秋田鳥海りんどう」は、ブルーの発色の良さと品質、ボリューム、日持ちの良さで市場から高い評価を受けています。

花色は、基本となるブルー系に加えて白、パステルカラー、ピンクと幅が広がり、生産者・JA・各市場が三位一体となって、ニーズに応える花づくりに取り組んでいます。

ホワイトベル

 仏花だけではなく、フラワーアレンジメントにも使用されます。

パステルベル

 淡いブルーと白のコントラストは人気色となっています。

 

 

「りんどうの里」としてさらなる発展を目指す!


出荷目ぞろえ会で出荷基準を確認



真空予冷設備を導入したJA花卉集出荷施設



平成21年度、JAは花き類では秋田県で初めてとなる「基礎GAP(農業生産工程管理)」を導入しました。これにより、農家の作業改善や品質の安定につながっています。

毎年、7月中旬の出荷前には「目ぞろえ会」を開催し、産地評価を絶対に下げないよう、出荷基準や採花の留意点等をJAと生産者が確認しています。

 

また、平成29年9月、真空予冷設備を備える「JA秋田しんせい花卉集出荷施設」が稼働しました。低温流通体系によってこれまで以上の鮮度保持・劣化防止が可能となり、品質の安定と価格の向上に努めています。

 

平成30年2月23日には「秋田鳥海りんどう」が地域団体商標に登録されました。地域団体商標とは、地域と商品名を組み合わせた地域ブランドを保護する商標制度で、他産地のの差別化を図ることができます。

 

今後も生産者の皆さまと協力しながら「りんどうの里」として、さらなる発展を目指してまいります。

 

 

 

Share on Facebook