しんせいの紹介

ごあいさつ

不易流行、なくてはならないJAを目指して、代表理事組合長 小松 忠彦

 JA秋田しんせいのホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 管内とする由利本荘市・にかほ市の2市の行政区は、秋田県の南西部に位置し、東に出羽山地、西に日本海、南に鳥海山を擁し、その海と山がもたらす穏やかな気候と子吉川を本流とする清らかな河川など、自然に恵まれた緑豊かな地域です。
 農業においては、それぞれ特徴のある地形と気候風土の中、主力である米穀のほか、農林産物、畜産物などの多彩な産物が育まれております。
 このような恵まれた環境下で、当JAは平成9年4月1日に旧本荘市、旧岩城町、旧大内町、旧東由利町、旧由利町、旧矢島町、旧鳥海町、旧西目町、旧仁賀保町、旧金浦町、旧象潟町の11JAが広域合併して誕生し、事業を展開しております。
 私たちは「創り出そう『農』の未来と『地域』の未来」を基本方針とし「地域になくてはならないJA」であり続けるよう「農業者の所得増大の実現」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に貢献できる取り組みを行い、組織として盤石な「経営基盤の確立」を実現すべく、事業・活動・自己改革に取り組んでおります。
 汗して食料を作り続ける農家の思いや農業の大切さを継承していく組織として、組合員、地域の皆さまとのつながりを大切にし、全ての人に必要とされるJAを目指してまいりますので、一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

「安全・安心」・「責任・貢献」・「信頼」

基本目標

  1. 農業者の所得増大の実現
    ~農地・人財・施設をフル活用した豊かな地域農業の創出~
  2. 総合性の発揮による地域の活性化
    ~「食」と「農」を基軸に、地域と一体となった協同活動の展開~
  3. 総合事業としての経営基盤の確立
    ~自己改革の実践を支える経営基盤の確立~

経営理念

  1. 一、私たちは、農を通じて生命(いのち)の尊さを未来に伝えます
  2. 一、私たちは、働くことに自信と誇りを持ち組合員・地域社会に貢献します
  3. 一、私たちは、心のつながりを大切にしお互いの信頼関係を築きます

地域

JA秋田しんせい

 平成17年3月22日に本荘市、岩城町、大内町、東由利町、由利町、矢島町、鳥海町、西目町の1市7町の広域合併により新しく「由利本荘市」が誕生。
 また、平成17年10月1日には、仁賀保町、金浦町、象潟町の3町が合併。「にかほ市」が誕生しました。

ロゴマーク

JA秋田しんせいロゴマーク

 ロゴマーク全体を「鳥海山」をイメージさせる三角形で構成し、は「日本海」、は「農地」を表現しています。
 中心を走るラインは、管内を流れる「子吉川」をモチーフとして、しんせい(Shinsei)の「S」を表現しています。

マスコットキャラクター

ふくちゃん

 JA秋田しんせいが地域住民へ「心の豊かさ」=「幸福」=「ふく」を届けたいという思いから愛称を「ふくちゃん」としました。

組織図

クリックで拡大表示します。

JA秋田しんせい・組織図

ディスクロージャー

2019年度 半期開示(9月末)

Disclosure 2019

JAデータ(平成31年3月末)

組合員人数(単位 : 人)

正組合員 准組合員 合計
10,774 9,037 19,811

役員数(単位 : 人)

常勤理事 非常勤理事 常勤監事 非常勤理事 合計
4 24 1 6 うち員外1 35 うち員外1

職員数(単位 : 人)

正職員 臨時・パート 合計
367 180 547

主な事業(単位 : 千円)

貯金(譲渡性含む) 139,628,146
預金 86,142,480
貸出金 34,018,236
有価証券 14,514,193
長期共済保有高 404,972,794
購買品供給高 3,945,108
販売品取扱高 11,046,080
うち米 7,876,592

事業全体(単位 : 千円・%)

事業総利益 4,015,211
事業利益 231,514
経常利益 423,031
当期剰余金 267,639
総資産 155,100,614
経営比率
自己資本比率(単体) 14.44
自己資本比率(連結) 15.03
固定比率(財基令第2条) 169.94
不良債権比率 0.74